糖尿病教室 栄養指導

看護師求人ページはこちら
記念誌

QRコード

▲携帯電話で読み込むと
アクセスできます。

QRコード

PDFをご覧になるには、
Adobe社のアクロバットリーダー
(無償配布)が必要です。


中村病院HOME»  教室・指導等

教室・指導等

教室・指導一覧

ご覧いただきたい項目をクリックすると、該当する箇所へ移動します。
糖尿病教室 / 栄養指導 / 服薬指導

糖尿病教室

糖尿病教室について

糖尿病療養指導当病院では、糖尿病の患者さんやご家族の皆さまに糖尿病に
ついていろいろ知っていただくため、糖尿病教室を開催して
おります。糖尿病は自分で管理することがとても大切です。
わかりやすい教室を目指しておりますので、ぜひご参加下さい。

参加方法

参加を希望される方参加を希望される方は、外来受付で受付後4階ホールにおこし
ください。事前の予約は必要ありません。
毎回、お話の前に軽い運動(ストレッチング等)を行って
おります。動きやすい服装でご参加ください。

糖尿病療養指導チームについて

当病院では、糖尿病の治療のために各職種が一丸となって取り組むため「糖尿病療養指導チーム」を結成しています。
糖尿病教室はチームが運営しています。
メンバーは、看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床検査技師で構成され、その中には日本糖尿病療養指導士(CDEJ)も含まれています。
医師の治療をサポートし、一人でも多くの患者さんのお役に立てるように努力していきます。

ページトップへ戻る

 

平成30年度の開催状況

糖尿病の運動療法第1回 平成30年5月26日(土) 13:30~14:00
「糖尿病の運動療法」 理学療法士
今回は運動療法、運動を行うメリット、運動量の目安、運動を行う時の注意点についてお話をさせていただきました。
自分に合う運動をなるべく長く続けていくことが大切です。
食事療法・薬物療法・運動療法の3つをバランスよく自己管理していくことで初めて効果が期待できます。
一日の生活習慣、運動習慣を振り返ってみましょう。

第2回 平成30年8月4日(土) 13:30~14:00
「糖尿病の食事療法」管理栄養士

第3回 平成30年9月頃(土)
「糖尿病の検査」 臨床検査技師

第4回 平成30年11月頃(土)
「糖尿病について」 看護師

第5回 平成31年2月頃(土)
「糖尿病のお薬について」 薬剤師

ページトップへ戻る

平成29年度の開催状況

糖尿病の運動療法第1回 平成29年 5月20日(土)
「糖尿病の運動療法」 理学療法士
運動は継続する事が大切です。無理をせず、御自身の出来る範囲で良いので安全に運動が行えるようにしましょう。また、運動をしたからといって、食事量を増やしていいという訳ではありません。
食事療法・薬物療法・運動療法の3つをバランスよく自己管理していくことで初めて効果が期待できます。少しずつでもいいので、生活習慣を振り返ってみましょう。

糖尿病検査について第2回 平成29年 7月29日(土)
「糖尿病の検査について」 臨床検査技師
糖尿病は検査の病気と言われています。継続的に検査をし、その意味を知ることにより、糖尿病をうまくコントロールしていきましょう。
検査の話を聞いた後、自分で血糖値を測定してみました。

糖尿病の食事第3回 平成29年 10月14日(土)
「糖尿病の食事」 管理栄養士
糖尿病の食事療法は「制限食」ではありません。①適正量を、②バランスよく、③脂もの、甘い食べ物・飲み物は控えめに、④アルコールは程々に、⑤食べる順番に注意して⑥食事を楽しみましょう。

糖尿病のお薬第4回 平成30年3月3日(土)
「糖尿病のお薬」 薬剤師
糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。
それでもうまくいかないときはお薬を使います。
お薬の内容を理解し、少ない量でより効果があるように管理していきましょう。

ページトップへ戻る

平成28年度の開催状況について

運動量の目安第1回 平成28年 5月28日(土)
「運動量の目安」 理学療法士
主に、1日の平均の身体活動から、予防できる病気の話をさせて頂きました。
1日の平均歩数が8,000歩以上で糖尿病や、高血圧など色々な病気の予防に繋がります。
継続は力なり、運動は継続することが大切ですので無理をせず、安全に運動が行えるようにしましょう。

糖尿病の食事療法第2回 平成28年 7月23日(土)
「糖尿病の食事療法」 管理栄養士
今回のテーマは『糖尿病の食事療法~夏場の注意点』でした。
管理栄養士より、水分補給の仕方や食欲がないときの対応などについて説明をしました。
南先生からのお話もあり、患者さんからはたくさんの質問が飛び交い、とても有意義な時間となりました。

糖尿病の検査について第3回 平成28年10月15日(土)
「糖尿病の検査について」 臨床検査技師
 糖尿病で病院に来るといつも検査ばかり。でもどうして検査が必要なのか、どんな意味があるかについてお話ししました。その後、自分で血糖を測定してみました。

糖尿病のお薬について第4回 平成29年 2月18日(土)
「糖尿病のお薬について」 薬剤師
 糖尿病のお薬には色々な種類があります。どんなお薬があるのか、うまくお薬が効くようにするにはどうすれば良いのかについてお話ししました。

ページトップへ戻る

栄養指導

個人栄養指導(入院・外来)

当病院では、入院患者さんと外来患者さんを対象に個人栄養指導を実施しています。
特別食(治療食)が必要な方に対して、管理栄養士が医師の指示に基づき栄養指導を行います。
患者さんの食事内容や生活習慣を改善し、病気の根本治療を行うとともに生活習慣病等の予防を目的としています。
栄養指導は予約制です。ご希望される方は、病院スタッフにお声かけ下さい。
個人栄養指導 また、当病院にかかっていない方につきましては、まずは受診をなさる必要がありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

集団栄養指導(入院・外来)

当病院では、集団栄養指導として糖尿病教室を開催しています。糖尿病教室は年に5回開催しており、糖尿病チームのスタッフを中心に毎回違うテーマで実施しています。

糖尿病教室についての詳細はこちら

糖尿病教室

糖尿病教室

ページトップへ戻る

服薬指導

糖尿病の食事服薬指導は、入院中の患者さんに処方された薬(内服薬・外用薬、注射薬など)について、正確に服用してもらうために行っております。
また、副作用への適切な対応を患者さんにご理解していただき、治療効果の向上を目的として行っております。
服薬指導を行うためには、薬剤管理が重要となります。薬剤管理は、薬歴により薬剤の適量、適用、投与方法、薬剤相互作用、効果、副作用等をチェックし、処方薬を総合的に管理して治療に反映する事を目的としています。
また、服薬指導を依頼された患者さんの退院時においては、退院後在宅で薬を正確に服用してもらうために、退院時に処方された薬について必要事項を患者さんやご家族に説明し、お薬手帳をお渡ししております。

医療法人社団 仁寿会 中村病院
〒131-0041 東京都墨田区八広2-1-1
TEL 03-3612-7131 / FAX 03-3619-1100

ページトップへ戻る